インプラント技術が喫煙によって阻害される危険性は無視できない

インプラント技術が喫煙によって阻害される危険性は無視できない

インプラント技術が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

インプラントの手法は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

快適に使える歯のインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯のお医者さんの技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。

インプラントについて、ほとんどの歯のお医者さんには治療困難であり、専門の歯のお医者さんに頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。

インプラントの手法は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

歯のインプラントの手法で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラントの手法に取りかかることはできるケースが増えました。

どんな完璧なインプラント治療方法技術でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。

インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

様々な条件によって、歯のインプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「歯のインプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯のお医者さんにかかれば少し前なら、インプラントの手法はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必須になってきます。

当然、一つ一つの人工の歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯のお医者さんに出会えるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントの場合、歯のお医者さんによる治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラントの手法は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って人工の歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えれば多くのケースでは歯のインプラントが高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。

皆さんがインプラントの手法に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

保険適用外がほとんどである歯のインプラントの手法は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてください。

歯のインプラントの手法を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。

歯のお医者さんとのコミュニケーションが何より大事です。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラントの手法はほとんど全部が自費です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラント治療方法が周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

一般的なインプラント治療方法治療は、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

ですから、歯のインプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

歯のインプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

どんな歯のインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントの手法は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

しかし、歯のインプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置すると炎症が広がるので早急に診察してもらわなければなりません。

インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

また、定期的な歯のお医者さんのメンテナンスが絶対欠かせません。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、歯のインプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。

そのようなケースでは、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

どんな方にもインプラントの手法が良い訳ではありません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

入れ歯に比べ、歯のインプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラントの手法は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためには歯のインプラントが良いとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラントの手法です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯のお医者さんを選ぶことが大事だといえるでしょう。

どんな問題がインプラント技術にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

しかし、歯のインプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラントの手法です。

埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す