近年市民権を得てきたインプラント

ある程度の規模の歯科医院で普通の外来診療のみで行う特殊な施術

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。

 

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。人工物であるデンタルインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするとは言えません。人工歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
様々なインプラント手法の問題点を聞いたことがあると思います。

 

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。

 

それは気にしないでください。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。デンタルインプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはデンタルインプラントの方が良いといわれました。インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでデンタルインプラントにして良かったと思いました。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。

しかし、気に留めておくべきポイントがあります。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。これは重要な事実です。
デンタルインプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

 

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・デンタルインプラントがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。普通、デンタルインプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

そして、デンタルインプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。

忘れてはいけないデンタルインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、この歯はデンタルインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

歯科治療の新たな形として注目されているデンタルインプラント。その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。
歯科治療の中でも、インプラント手法が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、デンタルインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

 

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。

それに対して、デンタルインプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、デンタルインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、人工歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。
また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。
様々な条件から、普通のインプラント手法は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。
デンタルインプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するデンタルインプラント治療を検討することになります。歯科医の宣伝で、デンタルインプラント治療を掲げるところも増えてきました。
何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しデンタルインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯を削って人工歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、デンタルインプラント治療を優先して良いでしょう。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

口内のセルフケアを怠れば、数年でデンタルインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

 

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
歯科治療のデンタルインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもデンタルインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にデンタルインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。

 

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント手法を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント手法の結果を左右するのです。
他の歯科治療と同じように、デンタルインプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、デンタルインプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。
インプラント手法はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つとされています。

 

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選