数々のインプラント治療方法技術の問題点

インプラントとクラウンがどう違うかというと自分の歯根を使えるかどうかの問題

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというデンタルインプラント治療が候補となります。よくいわれるデンタルインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

よく耳にするようになったデンタルインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント手法は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。
定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、デンタルインプラント治療を選ぶべきです。
検査から治療後のメンテナンスまで、デンタルインプラント手法はほぼ全面的に保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、デンタルインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

 

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでデンタルインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。

 

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。せっかくデンタルインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント手法を行った病院に行くべきでしょう。デンタルインプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。

こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのデンタルインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。デンタルインプラント手法による危険性を広く調べたと思いますが、その一つとして、デンタルインプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。でも、気にしなくて良いです。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
しかし、デンタルインプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

なので、MRI検査には影響ないと考えてください。手術によって、人工物であるデンタルインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。

 

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

 

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

ただし、インプラント手法は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
皆さんがデンタルインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院ごとに大きく異なります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

欠損歯一本に対するデンタルインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。
日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。

デンタルインプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。インプラント手法は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、デンタルインプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。

 

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。

骨に人工歯根を埋め込んで人工歯を被せるデンタルインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとデンタルインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるデンタルインプラント。

ですが、留意すべき点もあるのです。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。注意してください。インプラントの技術が確立されてきた現在では、デンタルインプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。
高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

言うまでもなく、デンタルインプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。

デンタルインプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。デンタルインプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。

骨に埋め込む歯の根元部分と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・デンタルインプラントと呼ばれるタイプと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。
インプラント手法はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。

もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。
一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

 

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

最近メジャーになってきたデンタルインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

 

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

費用や手間の面から考えても、デンタルインプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント手法になるという患者さんに適用されるのが普通です。
デンタルインプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。
デンタルインプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

 

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

デンタルインプラント手法を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。例えば、ブリッジで人工歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

 

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

デンタルインプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。
長期間快適にデンタルインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、デンタルインプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

しかし、デンタルインプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、デンタルインプラント周囲炎の症状かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。