インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで

インプラント治療も万能ではなく基本的には治療の選択肢がそれしかない

インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント手法を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

 

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

インプラント手法による危険性を聞いたことがあると思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。これはデンタルインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、デンタルインプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、インプラント手法を考えた方が良いですね。

せっかくデンタルインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。

 

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

 

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

これはデンタルインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。多くの方にとって、デンタルインプラント手法を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、デンタルインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、デンタルインプラントはその中でも噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。

歯科におけるインプラント手法では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
デンタルインプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。混同されることの多いデンタルインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。それに対して、デンタルインプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、デンタルインプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。あごの骨に穴を開けてデンタルインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
耐久性の面で、デンタルインプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つとされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。デンタルインプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

 

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。

どこに時間がかかるかというと、デンタルインプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。デンタルインプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

 

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

そもそもインプラント手法とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

 

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればデンタルインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもデンタルインプラントは最適です。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。
費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。自費診療なので、インプラント手法にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

 

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

いろいろなデータの中でも重要なのはデンタルインプラント手法を受けた方からの評価です。
高い費用も、一括払いには限りません。分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
デンタルインプラント治療を始める前にチェックすることとして、デンタルインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。

 

まずは歯科医に全て話しておきましょう。

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、デンタルインプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

治療ではデンタルインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。

 

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

デンタルインプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

デンタルインプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、デンタルインプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。ですが、デンタルインプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。

デンタルインプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

デンタルインプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、デンタルインプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。こうしたトラブルは、担当歯科医がデンタルインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。

なるべくなら、デンタルインプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、デンタルインプラント成功のカギといえます。