最も重要なのはどんな歯科医にかかるか

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

 

混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。対して、デンタルインプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。手術の前後には様々な処置が必要で、デンタルインプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

手術では他の歯に触れていなくても、デンタルインプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。

 

デンタルインプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

徐々に市民権を得てきたデンタルインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

この治療の費用は歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。大まかな相場はありますので、心配しないでください。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。

 

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

 

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、デンタルインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のデンタルインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。

 

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので自分から、人工歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。

数々のデンタルインプラント手法の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、デンタルインプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。
それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

ところが、デンタルインプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。

年々進化を続けるデンタルインプラントの技術。

近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

なるべくなら、デンタルインプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。埋入手術後の経過が良く、人工歯の使用に問題がなければデンタルインプラント治療は終了です。けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。

定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。

 

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。デンタルインプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。インプラント手法は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。

ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。

デンタルインプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

デンタルインプラント手法の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。インプラント手法の成功を願うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがデンタルインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。
デンタルインプラント手法の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。
デンタルインプラントは人工歯根に人工歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。
セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。
デンタルインプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
人工歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でデンタルインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、デンタルインプラント手法の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のデンタルインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくデンタルインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

 

新たな歯科治療の形として注目を集めているデンタルインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。デンタルインプラント手法をご検討の方は知っておいて下さい。デンタルインプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもデンタルインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。

注意してください。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

 

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、誰にでも当てはまることではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

 

ブリッジや入れ歯に比べ、デンタルインプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

 

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

デンタルインプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。

 

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごさなければなりません。

 

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。