歯科治療で手術を受けたことがない方

インプラント手法は多くのケースでとても有効ですがデメリットも

インプラント手法は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。

それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

 

様々なデンタルインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その情報の中に、デンタルインプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
デンタルインプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。

 

最近話題になることも多い治療法であるデンタルインプラント。
ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラント手法を受けることができないケースもあることです。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらデンタルインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。デンタルインプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。

見た目からしても、自分の歯のように人工歯に見えない自然さでデンタルインプラントだとカミングアウトしなければ人工歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。
最近よく耳にするデンタルインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

どんな治療でもそうですが、デンタルインプラント手法で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

デンタルインプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。
とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。歯科治療のデンタルインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるデンタルインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(デンタルインプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればブリッジよりデンタルインプラントの方が優っていると考えられます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。

デンタルインプラントが固定され、人工歯が不自由なく使えればデンタルインプラント治療も終わります。それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。
定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。デンタルインプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

デンタルインプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。

 

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるデンタルインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。

普通、デンタルインプラント手法の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

 

手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。どんなデンタルインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、デンタルインプラントの周りが炎症を起こすことがあります。デンタルインプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればデンタルインプラント周囲炎の症状かもしれません。

自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント手法でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。

 

可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。

 

この治療のメインとなるデンタルインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。そして、デンタルインプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。デンタルインプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごすように努めましょう。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。デンタルインプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

人工歯でも、見た目や使用感を要求する方に向いています。いろいろな事情からデンタルインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
では、デンタルインプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、デンタルインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

ごくまれに、デンタルインプラント手法が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。

普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「デンタルインプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。
どんな完璧なデンタルインプラント手法でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。

 

どんな堅牢なデンタルインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。デンタルインプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。インプラント手法では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

 

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと考えてはいけません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、デンタルインプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

 

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

もし、デンタルインプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればデンタルインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でデンタルインプラントが劣化してしまうかもしれません。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるデンタルインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはデンタルインプラント治療のやり直しも必要になります。