金属でできた歯のインプラントを骨に埋め周辺組織で固める

インプラント手法を始める前にはこれまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し

インプラント手法を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

 

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、人工歯をつける、という段階を踏みます。

 

どこに時間がかかるかというと、インプラントのプロセス後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

 

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
検査から治療後のメンテナンスまで、デンタルインプラント手法はほぼ全面的に保険適用外です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

保険が適用されればありがたいのですが、デンタルインプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。手術の前後には様々な処置が必要で、デンタルインプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないデンタルインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。高額なデンタルインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。

 

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
誰でもデンタルインプラント手法ができるわけではありません。
その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。
完全に歯が欠損してしまった部位にも使えるデンタルインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。この場合はデンタルインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

長期間快適にデンタルインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。
もしも、デンタルインプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、デンタルインプラント周囲炎かもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント手法は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。

 

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。
定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。大きな効果を得られるデンタルインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。治療の内容や、デンタルインプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。治療ではデンタルインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。
もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

 

デンタルインプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることができる状況になっています。

デンタルインプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。

 

デンタルインプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織の回復をすすめ、デンタルインプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。

これからデンタルインプラント手法を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

この治療の費用は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。

人工歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、デンタルインプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。
虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、デンタルインプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになりデンタルインプラントが正解だったと思います。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。
ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。その上、デンタルインプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。デンタルインプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

 

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとデンタルインプラントとブリッジを比較して、デンタルインプラントの方が優っていると考えられます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。どんなケースであっても、デンタルインプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。忘れてはいけないデンタルインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。

 

食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。デンタルインプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。デンタルインプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

 

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・デンタルインプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

デンタルインプラント手法が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。ブリッジ治療で人工歯を入れるとすれば人工歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
歯科医の宣伝で、デンタルインプラント治療を掲げるところも増えてきました。

 

歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

デンタルインプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。