インプラント治療方法治療を検討している方

これからデンタルインプラント治療を始めようと決めても治療費の高さは重要な問題

これからデンタルインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。
実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。大まかな相場はありますので、心配しないでください。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

 

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「デンタルインプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、デンタルインプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
人工歯根と上部構造(人工歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
デンタルインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。デンタルインプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

 

どうしても避けられない問題ですが、インプラント手法は高額になることを知っておいてください。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。歯科におけるデンタルインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。デンタルインプラント手法の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、デンタルインプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは本当のことではありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。ですが、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、デンタルインプラント治療を受けるには条件があることです。

デンタルインプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、デンタルインプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらデンタルインプラントは利用できないとの判断になる可能性は高いといえます。注意してください。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。

さて、そこでデンタルインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工歯を装着して固定するというものです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがデンタルインプラントの利点です。

歯科医にデンタルインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これが、インプラントのプロセスなら該当する歯の分だけ治療することになります。

周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント手法の中でも、院内感染の可能性は否定できません。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。インプラント手法を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、人工歯だとわかることはまずありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。

 

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、デンタルインプラントが定着しなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。治療ではデンタルインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、デンタルインプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがデンタルインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
検査から治療後のメンテナンスまで、デンタルインプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならデンタルインプラント手法と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

デンタルインプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、デンタルインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。きちんと歯科医に相談することが大事です。
長い治療期間を経てやっとデンタルインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。

ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
さらに、デンタルインプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。デンタルインプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。
どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
デンタルインプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。

どこの歯科医院でも、デンタルインプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないとは言えません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
デンタルインプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

 

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント手法を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

例外はありますが、デンタルインプラント手法は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。

 

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

インプラント手法はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

デンタルインプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などデンタルインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。他の歯科治療同様、デンタルインプラント手法で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。できる限りよく調べて、歯科医を決めることがデンタルインプラント手法の結果を左右するのです。