インプラントの技術が確立されてきた現在

デンタルインプラントは人工歯根と義歯をアバットメントで接続するもの

デンタルインプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、これらが歯の根元部分と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。
デンタルインプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、デンタルインプラントが脱落する可能性もあります。デンタルインプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。インプラント手法はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。例外はありますが、デンタルインプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

 

医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

デンタルインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないでください。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、人工歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、歯の根元部分の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというデンタルインプラント治療が候補となります。本当に選りすぐりのデンタルインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント手法はほぼ全面的に保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、デンタルインプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。
土台であるあごの骨を調整し、デンタルインプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

デンタルインプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからデンタルインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。

 

こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。

ですが、難点もあるということに気を付けてください。それは何より、デンタルインプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

 

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもデンタルインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

 

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。この治療の費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
デンタルインプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

デンタルインプラント1ヵ所の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。歯科治療のデンタルインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、デンタルインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
審美性を考えた場合、ほとんどの場合、デンタルインプラントが優っていると考えられます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのデンタルインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
ほとんどのデンタルインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。
大きな効果を得られるデンタルインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

 

高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。

そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

デンタルインプラント手法の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

 

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

今流行りのデンタルインプラント。一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント手法の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の人工歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでデンタルインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

インプラントのプロセスも、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、デンタルインプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。技術の進歩した今では、医療スタッフもデンタルインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

 

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。
なるべくなら、デンタルインプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。

 

デンタルインプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。

デンタルインプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、デンタルインプラント周囲炎かもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。
せっかく完了したデンタルインプラント手法も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。アフターケアが寿命を決定します。
毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。

 

インプラント手法の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でもたばこの影響はかなり大きいというべきでしょう。デンタルインプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

 

デンタルインプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。

デンタルインプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。無くなった歯をデンタルインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。
これはなぜでしょうか。一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、デンタルインプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。