忘れてはいけないインプラントのメリット

どうにかしてインプラントについての高い技術を備えた歯科医でないと

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくことも考えるべきです。

 

北欧諸国はデンタルインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。

 

できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。

デンタルインプラント手法を始める前にチェックすることとして、デンタルインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、デンタルインプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。

 

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。

まずは歯科医に全て話しておきましょう。重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、デンタルインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。
保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればデンタルインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
いわゆるデンタルインプラント手法では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(デンタルインプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の人工歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、デンタルインプラントの方が高い評価を得るでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

どんなデンタルインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。

デンタルインプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

デンタルインプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。

 

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

現状では、デンタルインプラント手法のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。

 

費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯根と、その上の人工歯作りの治療です。

 

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、デンタルインプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

 

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

デンタルインプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。

 

典型的なデンタルインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、人工歯をかぶせれば使用可能です。

という流れは皆さん変わりません。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。このため、インプラント治療を始めてから人工歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

 

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯の根元部分が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。
これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント手法を適用する可能性があります。歯科医にデンタルインプラント手法をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しインプラント手法は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

デンタルインプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらデンタルインプラントは利用できないとの判断になることがあります。この場合はデンタルインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。希望すれば誰でも、デンタルインプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント手法はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。

 

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。

多くの方にとって、デンタルインプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。

 

治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。
現在、デンタルインプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

デンタルインプラント手法が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

 

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のデンタルインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくデンタルインプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。他の生活習慣と比べても、たばこがインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

インプラント手法には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、デンタルインプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。
インプラント手法を順調に終えようとするなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。
他の歯科治療同様、デンタルインプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なデンタルインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。
日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。

全てのデンタルインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。急患でも診療を受けることが必要です。

虫歯の危険性は、デンタルインプラントにはありませんがお手入れを必要としないとは言えません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

 

手術では他の歯に触れていなくても、デンタルインプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでデンタルインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。

最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。

対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。