インプラント技術の問題点を様々な情報ツールで調べたと思います

インプラント技術の問題点を様々な情報ツールで調べたと思います

インプラント技術の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは本当のことではありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

ところが、歯のインプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。

しかし、歯のインプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

歯のインプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

インプラント治療方法埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯のお医者さんの裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

現状では、インプラントの手法のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める歯科医院が増えています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。

残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。

その上で、定期的に歯のお医者さん院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯の根元部分と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

どんなケースであっても、歯のインプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯のお医者さんと、歯のお医者さん院の決め方です。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

もし、インプラント技術前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。

この治療の費用は歯科医院や歯のお医者さんによって差があると考えるべきです。

保険適用外がほとんどである歯のインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになれば歯のインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

皆さんが歯のインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。

治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。

簡単に歯のインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯の根元部分を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラントの手法を適用する可能性があります。

多くのメリットを知られるインプラントの手法。

でも、デメリットも知った上で選択してください。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

歯のインプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

インプラント治療方法の手法も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラントの手法になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯に比べ、歯のインプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。

対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント技術は高額になることを知っておいてください。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。

忘れてはいけない歯のインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、人工の歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

インプラントの手法を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

この人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

歯のインプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合はすぐに歯のお医者さんに連絡することを忘れないでください。

インプラント治療方法の利用を考える際に、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

代表的な歯のインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

歯のインプラント技術は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、歯のインプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント技術を受けるには条件があることです。

いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療方法治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す