歯科治療で手術を受けたことがない方

よくいわれるデンタルインプラントのメリット

よくいわれるデンタルインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも人工歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。
今流行りのデンタルインプラント。一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

 

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でデンタルインプラントが劣化してしまうかもしれません。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるデンタルインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはデンタルインプラント治療のやり直しも必要になります。ご存じの通り、デンタルインプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
しかし、医療費控除の対象ではあります。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。
確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。もし、デンタルインプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。こうした病歴があっても、直ちにインプラント手法ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがデンタルインプラント治療です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。

高額な治療費を気にされる方もいますが、デンタルインプラント治療はほとんど全部が自費です。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

土台であるあごの骨を調整し、デンタルインプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

 

人工歯としてのデンタルインプラントは安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。本当に選りすぐりのデンタルインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。

 

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めるしかありません。
様々な条件を考え合わせた上で、デンタルインプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがデンタルインプラント治療の結果を左右するのです。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。

 

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。現在ではデンタルインプラント治療も一般化してきましたが、デンタルインプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

 

これでは折角のデンタルインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、デンタルインプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
誰でもデンタルインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。
また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

デンタルインプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しデンタルインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、デンタルインプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療はかなりの費用を要することは確かです。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。
現状では最低線が十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

 

それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。1本から2本の欠損した歯に対して、デンタルインプラントもブリッジも適用できますがデンタルインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って人工歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の人工歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

治療後、一見した感じでは、デンタルインプラントとブリッジを比較して、デンタルインプラントの方が優位に立ちます。

 

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。

数々のデンタルインプラント手法の問題点について、広く調べたと思いますが、その情報に、デンタルインプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。しかし、それは正しくありません。

 

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
デンタルインプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

歯科医の宣伝で、デンタルインプラント治療を掲げるところも増えてきました。

自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、デンタルインプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。なお、インプラント手法は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

 

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント手法が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

 

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。

 

この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

 

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。デンタルインプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(人工歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったデンタルインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。デンタルインプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでデンタルインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。
デンタルインプラント手法で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは人工歯の表面にセラミックを用いるものです。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。これには大変な手間と時間がかかりますから、デンタルインプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。デンタルインプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはデンタルインプラント周囲炎の可能性があります。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

安易にデンタルインプラント治療を始めることはおすすめしません。治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント手法になるという患者さんに適用されるのが普通です。

デンタルインプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

 

デンタルインプラントは、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。

他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、デンタルインプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。
インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、デンタルインプラント成功のカギといえます。

 

デンタルインプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる人工歯をはめ込んでいけます。抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選