インプラント技術の大きなメリット

よく耳にするようになったインプラントはどんな治療か

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「デンタルインプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、人工歯を装着するものです。

入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、デンタルインプラントのパーツを作る歯科技工士の熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

 

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

 

これは重要な事実です。いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、デンタルインプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。

注意してください。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

 

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。他の歯科治療同様、インプラント手法で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療経験者の口コミです。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。歯科医の宣伝で、デンタルインプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に人工歯をかぶせる人工歯のことです。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
長期間快適にデンタルインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。放置すると炎症が広がるので即刻診断を受ける必要があります。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

 

最大のデメリットは費用が高額になることです。

 

ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。デンタルインプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。この治療のメインとなるデンタルインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、大がかりな手術を入院して受けることもあります。このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

デンタルインプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、デンタルインプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、デンタルインプラント手法は高額になることを知っておいてください。保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでデンタルインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はデンタルインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。ただし、おおよそ相場は決まっています。

デンタルインプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

 

どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でもたばこの影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。デンタルインプラント手法はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

 

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。

 

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。歯科治療のデンタルインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるデンタルインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優っていると考えられます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。

 

現在、デンタルインプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。デンタルインプラント手法の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。どんな方にもデンタルインプラント治療が良い訳ではありません。
他の治療が難しい患者さんにお薦めします。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

一般的なデンタルインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのが大まかなプロセスです。

どこに時間がかかるかというと、デンタルインプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
人工歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

 

デンタルインプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラント手法をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないとは誰も言っていません。
デンタルインプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

混同されることの多いデンタルインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して人工歯を付けるものなのです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。

 

さて、そこでデンタルインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに人工歯を被せるという手順で施術が行われます。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

どうにかして、デンタルインプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。
デンタルインプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。多くの方にとって、デンタルインプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。