治療を始める前に必ず知るべきこと

一般的なデンタルインプラント手法は3ステップあると考えてください

一般的なデンタルインプラント手法は、3ステップあると考えてください。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、デンタルインプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。技術の進歩した今では、インプラント手法の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。技術が高く、デンタルインプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
インプラントは歯の根元部分がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。
デンタルインプラント手法の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

 

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。デンタルインプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、人工歯を作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
デンタルインプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

デンタルインプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

高額な治療費を気にされる方もいますが、デンタルインプラント手法はほとんど全部が自費です。保険が適用されればありがたいのですが、デンタルインプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けてデンタルインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

ガムを噛んだ程度では、デンタルインプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。歯科治療の新たな形として注目されているデンタルインプラント。その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

歯科医によっては、この患者にはデンタルインプラント手法を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「デンタルインプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療可能になっています。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。

デンタルインプラントはメリットの大きい治療法です。

 

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはデンタルインプラント治療のやり直しも必要になります。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のデンタルインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。
これはデンタルインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、人工歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。

 

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。デンタルインプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。
デンタルインプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。
デンタルインプラント手法では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。
デンタルインプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。

一般的にはデンタルインプラント埋入手術を日帰りで行います。使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。ほとんどのデンタルインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める歯科医院が増えています。手持ちの資金が十分でなくても、デンタルインプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。デンタルインプラント手法を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからデンタルインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。

不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
歯科治療の一環として、デンタルインプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。デンタルインプラント手法から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。デンタルインプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。けれども、万が一歯茎が腫れたり、デンタルインプラントの周りで出血があったりすればデンタルインプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でデンタルインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。

欠損した歯の数が少ない場合、デンタルインプラントとブリッジで迷うことがあります。いわゆるインプラント手法では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで人工歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。どうしても避けられない問題ですが、インプラント手法は治療費を確保してから始めなければなりません。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。
安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。