骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラント治療方法

皆さんが気にしているデンタルインプラントの耐久性は長く使っている症例

皆さんが気にしているデンタルインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。デンタルインプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、デンタルインプラントが脱落する可能性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それはもちろんのこと、必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。デンタルインプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。忘れないで欲しいのはその歯科医院でデンタルインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
デンタルインプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているデンタルインプラント。

 

その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、デンタルインプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

デンタルインプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがデンタルインプラント手法の結果を左右するのです。他の歯科治療と、デンタルインプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のデンタルインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、デンタルインプラントのプロセスにはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

 

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも人工歯を作れるのが、デンタルインプラントの利点なのです。入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。ですが、制約もあるので覚えておきましょう。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。デンタルインプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。

 

デンタルインプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

 

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

 

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンという人工歯をはめられます。しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがデンタルインプラントにすると、このようになりますよと説明されデンタルインプラントの方が良いと考えました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればデンタルインプラントだと言われました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。デンタルインプラント埋入手術では局所麻酔を使います。全身麻酔になることはほとんどありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
人工歯としてのデンタルインプラントは永久に虫歯から免れますが、デンタルインプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

 

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

せっかく埋め込んだデンタルインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

 

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

 

欠損した歯の数が少ない場合、デンタルインプラントとブリッジで迷うことがあります。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで人工歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、人工歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。口を開けたところを見れば多くのケースではデンタルインプラントが優るというべきでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。デンタルインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、デンタルインプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。入れ歯で噛むと食べた気がしない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

基本的に全て自費治療となるのが、デンタルインプラント治療の現状です。
高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。喫煙が、インプラント手法の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

一般的なデンタルインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。
デンタルインプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。

 

せっかく完了したデンタルインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、デンタルインプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。
最近はデンタルインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。

 

これはなぜでしょうか。一つには、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、デンタルインプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・デンタルインプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯の根元部分と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

 

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。