歯科医の技量、患者の体調などの条件

外科手術を受けたわけですからデンタルインプラント埋入手術の後

外科手術を受けたわけですから、デンタルインプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。日常生活では力をかけないように努め、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯科医の技量も上がり、デンタルインプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

デンタルインプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。

 

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。まず挙げられるのは、デンタルインプラント治療を受けるには条件があるということです。

これは重要な事実です。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でデンタルインプラント手法の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はデンタルインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
手術によって、人工物であるデンタルインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

 

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてデンタルインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。

 

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に人工歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。治療後、一見した感じでは、ブリッジよりデンタルインプラントの方が優位に立ちます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、デンタルインプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、デンタルインプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

最近よく聞くようになったデンタルインプラント。

 

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、デンタルインプラントの場合はどうでしょうか。デンタルインプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

 

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがデンタルインプラントの特長ということになります。インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。代表的なデンタルインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。他の歯を削って人工歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、歯科医からデンタルインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

 

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。デンタルインプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。普通、デンタルインプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、デンタルインプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

 

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。

 

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が物を言うといわれています。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

残念ながら、デンタルインプラント手法はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

デンタルインプラント手法はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

 

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にデンタルインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント手法を選ぶべきです。

せっかくデンタルインプラント手法を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。デンタルインプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

 

それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

他の歯科治療同様、インプラント手法で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。デンタルインプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

 

他の歯科治療と、インプラント手法が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の人工歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のデンタルインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、デンタルインプラントのプロセスにはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。デンタルインプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。皆さんがデンタルインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。

 

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

デンタルインプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なデンタルインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。

このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。

 

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。人工歯の歯根と人工歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。