歯科治療で手術を受けたことがない方

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら自分の歯根を使えるかどうか

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、人工歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはデンタルインプラント治療がすすめられるでしょう。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

 

あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント手法を選ぶべきです。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

 

セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、その分、デンタルインプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。これからデンタルインプラント手法を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

 

この治療の費用は歯科医院ごとに大きく異なります。

保険適用外がほとんどであるデンタルインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
ただし、おおよそ相場は決まっています。

デンタルインプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。

手術が成功し、義歯が使えるようになってデンタルインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

 

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

どんな治療でもそうですが、デンタルインプラント手法で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。

 

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。治療を始める前に必ず知るべきことですが、デンタルインプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。

現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

そもそもデンタルインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、人工歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、ブリッジよりデンタルインプラントの方が良いと言えます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。

 

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。どこの歯科医院でも、デンタルインプラントが適用されるのは、デンタルインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にデンタルインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。デンタルインプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてデンタルインプラントをすすめられて、最終的にデンタルインプラントを選びました。

保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはデンタルインプラントの方が良いといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。1年近くもかけてデンタルインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
また、神経を抜いた歯をデンタルインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。どんな問題がデンタルインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
デンタルインプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、デンタルインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。
ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

無くなった歯をデンタルインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。これはなぜでしょうか。
一つには、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。

手術によって、人工物であるデンタルインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

インプラントの利用を考える際に、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。新たな歯科医療の形として注目されているデンタルインプラント。その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はデンタルインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、デンタルインプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。よく耳にするようになったデンタルインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、人工歯を装着するというものです。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技が物を言うといわれています。

 

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。デンタルインプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。
日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。

誰でもインプラント手法ができるわけではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。
また、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

デンタルインプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。インプラント手法を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント手法ができるあごの骨を確保することが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもデンタルインプラント治療のリスクが増大します。ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。大きな効果を得られるデンタルインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。
あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

 

障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選