治療を始める前に必ず知るべきこと

気になるデンタルインプラント手術の内容

気になるデンタルインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「デンタルインプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技を欠かすことは出来ません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。骨に人工歯根を埋め込んで人工歯を被せるデンタルインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、デンタルインプラントの寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
様々な条件を考え合わせた上で、デンタルインプラント手法を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。虫歯の危険性は、デンタルインプラントにはありませんが治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いデンタルインプラント。ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。それは何より、デンタルインプラント手法を受けることができないケースもあるということです。

インプラント手法をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。
注意してください。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためデンタルインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。外科手術を受けたわけですから、デンタルインプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。インプラント手法は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「デンタルインプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。

 

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

デンタルインプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、デンタルインプラント維持のために必要です。デンタルインプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯の根元部分が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるデンタルインプラントを用いた治療になります。
歯科治療の中でも、インプラント手法が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

 

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。また、あごの骨を掘ってデンタルインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

デンタルインプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

 

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に人工歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。デンタルインプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

 

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてデンタルインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはデンタルインプラントの方が良いといわれました。
手術が終わり、デンタルインプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。デンタルインプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。
とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

デンタルインプラント埋入手術では局所麻酔を使います。麻酔のために入院することはまずありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。そして、デンタルインプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。

 

これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。

これでは折角のデンタルインプラントが台無しです。理由としては、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、デンタルインプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。
こうした症状に気付いたら、一刻も早く、デンタルインプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラント手法のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、デンタルインプラント手法の開始はあきらめなくて良くなりました。
インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。治療を断念する方もいるくらい、デンタルインプラント手法は高額になることを知っておいてください。

 

健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。歯科治療のデンタルインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、デンタルインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って人工歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の人工歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。
多くの方にとって、デンタルインプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。デンタルインプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。

 

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、デンタルインプラント手法を考えた方が良いですね。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選