最近よく耳にするインプラント治療方法

近年デンタルインプラントの治療件数が増えてきました

近年、デンタルインプラントの治療件数が増えてきました。これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
なお、デンタルインプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。歯科治療は全て同じですが、デンタルインプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

 

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。

 

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。

 

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがデンタルインプラント治療の結果を左右するのです。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。いわゆるインプラント手法では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、人工歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

デンタルインプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

 

これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。デンタルインプラント手法も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

 

もし、デンタルインプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのデンタルインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
デンタルインプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。

 

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。普通、デンタルインプラント手法の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

高額なデンタルインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって選択肢としてインプラント治療があります。デンタルインプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。人工歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

他の歯科治療と同じように、デンタルインプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。骨に人工歯根を埋め込んで人工歯を被せるデンタルインプラントの耐久年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、数年でデンタルインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント手法に決めました。自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればデンタルインプラントだと言われました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

 

どうしても避けられない問題ですが、インプラント手法は他の歯科治療と比べても高額です。

健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。

デンタルインプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。これは重要な事実です。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント手法の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
どこの歯科医院でも、デンタルインプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。デンタルインプラントと入れ歯がどう違うかというと、デンタルインプラントはより自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

保険適用外のデンタルインプラント手法にもおおよその相場はあります。インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。

 

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でデンタルインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

 

利点も多いデンタルインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

 

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。
そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。差し歯とデンタルインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、デンタルインプラントは原理が全く異なります。

これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

 

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがデンタルインプラントの特長ということになります。

 

これはデンタルインプラント手法の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。
一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選