一口にインプラント治療といっても3つの段階に

欠損した歯の数が少ない場合インプラントとブリッジで迷うことがあります

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

 

ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。どこの歯科医院でも、デンタルインプラントが適用されるのは、他の治療が難しい方に適用されます。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント手法を希望することになる患者さんが多いでしょう。
デンタルインプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

「デンタルインプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、人工歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで人工歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むデンタルインプラント治療を選ぶこともできます。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。

現状では、デンタルインプラント手法ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。

 

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「デンタルインプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

 

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、デンタルインプラント手法の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

 

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでデンタルインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にデンタルインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。そして、インプラントのプロセスにはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。完全に歯が欠損してしまった部位にも使えるのがインプラントです。

しかし、制約もあるので覚えておきましょう。それは何より、インプラント手法を受けることができないケースもあるという事実です。糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

 

デンタルインプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、デンタルインプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、デンタルインプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。デンタルインプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。また、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。普通、インプラント手法の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることができる状況になっています。

 

歯科治療の新たな形として注目されているデンタルインプラント。

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、デンタルインプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。

ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。どうしても避けられない問題ですが、デンタルインプラント手法は高額になることを知っておいてください。

ごくまれに、インプラント手法が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。デンタルインプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

しかし、デンタルインプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、デンタルインプラント周囲炎の症状かもしれません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。

 

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

 

その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
いろいろなデータの中でも重要なのは実際にデンタルインプラント手法を受けてどうだったか、その評判です。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

 

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。

 

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。
一般的なデンタルインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織の回復をすすめ、デンタルインプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にデンタルインプラントを選びました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、人工歯だといわれることはめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のデンタルインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。

院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

 

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがデンタルインプラント治療です。

術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。デンタルインプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。例えば、ブリッジで人工歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯を削って人工歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。

人工歯根と上部構造(人工歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

 

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・デンタルインプラントがあります。この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

現在、デンタルインプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント手法の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選