歯のインプラント治療の終了は人工の歯が問題なく使えるようになったとき

高額なデンタルインプラントは一体何年くらいもつのか

高額なデンタルインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

 

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、デンタルインプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。

インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと考えてはいけません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、デンタルインプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

 

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。様々な条件から、普通のデンタルインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けるという手段もあります。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。現在、デンタルインプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

 

インプラント手法が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
デンタルインプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院して手術することはまれです。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

 

デンタルインプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、デンタルインプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。デンタルインプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。

 

デンタルインプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
デンタルインプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント手法を適用する可能性があります。

新たな歯科治療の形として注目を集めているデンタルインプラント。

 

しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。

何かと言うと、デンタルインプラント治療を受けられる人は限られているということです。これは重要な事実です。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、デンタルインプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。

がんばって終わらせたデンタルインプラント手法も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。人工物のデンタルインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

最近よく耳にするデンタルインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、デンタルインプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。インプラント手法では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。
ほとんどのデンタルインプラント手法は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくデンタルインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのデンタルインプラント手法でも、院内感染の可能性は否定できません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。

院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。残念ながら、デンタルインプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

 

最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

 

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、デンタルインプラントは原理が全く異なります。これは、デンタルインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。歯科治療の中でも、デンタルインプラント手法が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもデンタルインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
インプラントのプロセスも、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

 

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でデンタルインプラントが劣化してしまうかもしれません。

 

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。
これでは折角のデンタルインプラントが台無しです。

理由としては、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、デンタルインプラント周囲炎という炎症になっていることも考えられるので、放置はできません。
ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。普段よりも静かに過ごすようにして身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。

 

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、人工歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているデンタルインプラント。

その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。一般的なデンタルインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

 

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というプロセスをたどります。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

人工歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

また、神経を抜いた歯をデンタルインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

 

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。