どんな方にも歯のインプラント技術が良い訳ではありません

最近話題になることも多い治療法であるインプラント

最近話題になることも多い治療法であるインプラント。

 

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。最も重要な注意点は、インプラント手法は誰でも受けられるわけではないということです。
インプラント手法をご検討の方は知っておいて下さい。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、デンタルインプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

 

利点も多いデンタルインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、デンタルインプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。しかし、それは正しくありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがインプラント治療です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

 

義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、デンタルインプラント治療を選ぶべきです。
気になるデンタルインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「デンタルインプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

デンタルインプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。

 

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
デンタルインプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、デンタルインプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。デンタルインプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にデンタルインプラントを定着させるので時間をかけてもデンタルインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。また、あごの骨を掘ってデンタルインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

 

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。デンタルインプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

治療を断念する方もいるくらい、デンタルインプラント治療は高額になることを知っておいてください。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。

 

デンタルインプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。混同されることの多いデンタルインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。

では、デンタルインプラントの場合はどうでしょうか。

デンタルインプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

どんなケースであっても、デンタルインプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
様々な条件によって、デンタルインプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでデンタルインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでこれは人工歯だと自分から言わない限り、いかにも人工歯だと思われることはほとんどありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。外科手術を受けたわけですから、デンタルインプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは誰も言っていません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。

 

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。長い期間と費用をかけたデンタルインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。
食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、デンタルインプラント維持のために必要です。インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。デンタルインプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この人工歯には多くの場合、セラミックが使用されています。

 

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。なるべくなら、デンタルインプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。ネットのレビューなども参考になります。デンタルインプラント治療を始める前にチェックすることとして、デンタルインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからデンタルインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

デンタルインプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

歯科治療の中で、デンタルインプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるデンタルインプラントを用いた治療になります。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

 

デンタルインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って人工歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

 

見た目の問題を考えるとデンタルインプラントとブリッジを比較して、デンタルインプラントの方が優っていると考えられます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。検査から治療後のメンテナンスまで、デンタルインプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。土台であるあごの骨を調整し、デンタルインプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。手術によって、人工物であるデンタルインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

 

デンタルインプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。デンタルインプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。

これからインプラント手法を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって大きく異なります。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。ただし、おおよそ相場は決まっています。
歯一本分のデンタルインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

 

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。デンタルインプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。