失った歯を再生する治療は何種類もあります

歯科医の技量患者の体調などの条件によってインプラント治療も失敗のリスク

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療の成功を願うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。

 

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「デンタルインプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでデンタルインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

 

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。デンタルインプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。1本から2本の欠損した歯に対して、デンタルインプラントもブリッジも適用できますがデンタルインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、デンタルインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

忘れてはいけないこととして、インプラント手法を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。

 

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
もちろん、こうした既往症があるだけでデンタルインプラント治療ができないわけではないためきちんと歯科医に相談することが大事です。デンタルインプラント治療の終了は人工歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもデンタルインプラントは最適です。デンタルインプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の人工歯になる部分を装着します。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもデンタルインプラントです。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

 

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこれは人工歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

 

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのが大まかなプロセスです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがデンタルインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

デンタルインプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。

 

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。ただし、デンタルインプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。

 

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

デンタルインプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は人工歯の支えになるので、一周削ることになります。
デンタルインプラント手法の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。

 

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。一本のインプラント手法にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。

相場は地域によって異なります。

 

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

 

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
デンタルインプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、デンタルインプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
残念ながら、インプラント手法は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から人工歯を付けるものです。

 

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。

 

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのデンタルインプラント手法でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。「デンタルインプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。年々進化を続けるデンタルインプラントの技術。近頃では、デンタルインプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。
これは担当歯科医の技量の低さに起因することが多いといえます。

デンタルインプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。

一般的にはデンタルインプラント埋入手術を日帰りで行います。

 

使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。

 

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、デンタルインプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。

 

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

 

何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。デンタルインプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。