人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメント

歯科治療のインプラントとブリッジどこが違うかといえば

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、デンタルインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。

デンタルインプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。ほとんどのデンタルインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。技術の進歩した今では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。人工歯根とその上の人工歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。

 

技術が高く、デンタルインプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

デンタルインプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
利点も多いデンタルインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

今のところ、デンタルインプラントの歯根部はチタン製が主流です。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。
それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。言うまでもなく、デンタルインプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

人工歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、デンタルインプラントが脱落する可能性もあります。
デンタルインプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
様々なデンタルインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。でも、気にしなくて良いです。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。デンタルインプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。一本のデンタルインプラント治療にかかる費用はデンタルインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。

 

歯科医院決定に大事なのはデンタルインプラント治療経験者の口コミです。
高い費用も、一括払いには限りません。

多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
こうした病歴があっても、直ちにデンタルインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
デンタルインプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。忘れてはいけないデンタルインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがデンタルインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。デンタルインプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。
最大のデメリットは費用が高額になることです。

 

高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、デンタルインプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

 

自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から人工歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、インプラント手法を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
デンタルインプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って生活を送ってください。日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。

 

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

 

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。ブリッジや入れ歯に比べ、デンタルインプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

 

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。けれども、万が一歯茎が腫れたり、デンタルインプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、人工歯を装着するというものです。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。

 

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。
喫煙が、デンタルインプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。北欧諸国はデンタルインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・デンタルインプラントがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。デンタルインプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

デンタルインプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。この治療のメインとなるデンタルインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。あるいは、デンタルインプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればデンタルインプラント手法は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

 

メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはやはりデンタルインプラント適用が一番でしょう。

どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。

高額な治療費を気にされる方もいますが、デンタルインプラント治療はほとんど全部が自費です。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント手法をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。