インプラント治療が難しいとされる最大の理由

インプラント治療が難しいとされる最大の理由

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨に歯のインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

歯のインプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

インプラント治療方法治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

歯のインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

高額な歯のインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つとされています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。

最近話題になることも多いインプラント。

ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。

それは何より、歯のインプラントの手法を受けることができないケースもあることです。

いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯のお医者さん院で歯のインプラントの手法の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適な歯のインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は歯のインプラント以外の治療はできないという方に適用されます。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的に歯のインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますが歯のインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラント治療方法はインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。

ほとんどの歯のインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・歯のインプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

大きな効果を得られるインプラント技術ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。

それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

歯のインプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。

歯のインプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント治療方法周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的に歯のインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためには歯のインプラントの方が良いといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

そうした不具合は、歯のお医者さんの技術・経験不足のせいといえるでしょう。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

歯のインプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラントの手法の中でも、院内感染の心配はあるものです。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止は歯のお医者さん院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。

忘れてはいけない歯のインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。

インプラント治療方法埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。

歯のインプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければ歯のインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

インプラント技術は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラント治療方法があごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。

気になる歯のインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技が必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されている歯のインプラント。

その義歯には、多くの種類がありますが、多くは人工の歯の表面にセラミックを用いるものです。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

インプラントの手法によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す