インプラント治療にかかる費用を合計すると

インプラント治療にかかる費用を合計すると

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

人工の歯でも、見た目や使用感を要求する方に向いています。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。

様々な条件を考え合わせた上で、歯のインプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

喫煙が、インプラントの手法の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

歯のインプラント技術が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラントの手法です。

埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯のお医者さんの診療を受けましょう。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラントの手法はほとんど全部が自費です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

この人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。

これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

せっかく完了したインプラントの手法も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。

インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、歯のインプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。

治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント技術ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

インプラント治療方法技術はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯のお医者さんに相談するのが一番良いでしょう。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

そもそもインプラント治療方法治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(歯のインプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、人工の歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。

しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラントの手法が候補となります。

どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて歯のインプラント治療に決めました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

歯のインプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

全てのインプラント治療方法治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯のお医者さん院を決めるかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。

費用や手間の面から考えても、インプラント技術はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、歯のインプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

一口に歯のインプラントの手法といっても、大きな3つの関門があります。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

インプラント治療の開始から、本格的な人工の歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラントの手法を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。

歯のインプラントの手法の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。

ある程度の規模の歯のお医者さん院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント技術も院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯のお医者さん院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す