インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

このため、インプラントの手法を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント技術には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

手術では他の歯に触れていなくても、歯のインプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。

インプラント技術では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。

インプラントの手法は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

腫れについては、歯のインプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

歯科医にインプラント治療方法治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントの手法では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラントの手法は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に人工の歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯のお医者さんに指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常の有無に関わらず、歯のお医者さん院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラントの手法は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

確定申告を行うときには、歯のお医者さんを利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

歯のインプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。

普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。

歯科治療は全て同じですが、インプラントの手法は治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯のお医者さんの定期検診を受けることが必須条件です。

人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのは実際にインプラントの手法を受けてどうだったか、その評判です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

歯のインプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

忘れてはいけないこととして、インプラントの手法を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント技術のリスクが増大します。

今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。

歯のお医者さんとのコミュニケーションが何より大事です。

インプラント技術の問題点を聞いたことがあると思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。

でも、気にしなくて良いです。

確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも歯のインプラント技術がすすめられるでしょう。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。

喫煙によって、インプラントの手法が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

歯のインプラント技術には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。

インプラント技術を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。

インプラント技術を掲げている歯科医院で、外来で行う普通の歯のインプラントの手法の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

歯のインプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

歯科治療の中で、歯のインプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯の根元部分が健全であれば上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント技術を選ぶこともできます。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた便利な歯のお医者さん院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

インプラント治療方法で噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

歯科におけるインプラント治療方法技術では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す