インプラント治療のほとんどが全部自費治療

インプラント治療のほとんどが全部自費治療

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める融通の利く歯のお医者さん院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

インプラントの手法を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、人工の歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯のお医者さん院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのが歯のインプラントの手法です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

インプラント治療方法治療の問題点を聞いたことがあると思います。

問題の一つに、インプラント治療方法を埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

希望すれば誰でも、インプラントの手法を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「歯のインプラントと人工の歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。

1ヵ所の歯のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

検査から治療後のメンテナンスまで、歯のインプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラント技術をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

どこの歯のお医者さん院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

様々な条件から、普通のインプラント技術は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくという手段もあります。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

よくいわれる歯のインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療方法技術でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

全ての歯のインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。

実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、歯のインプラント技術は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

そして、歯のインプラントのプロセスにはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。

自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラント治療方法を使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので歯のインプラントが正解だったと思います。

インプラントの手法を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。

ただし、これらの既往症があってもインプラントの手法ができないわけではないため歯のお医者さんとのコミュニケーションが何より大事です。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいということにはなりません。

人工の歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。

残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

その上で、定期的に歯のお医者さん院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

人工歯としての歯のインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯のお医者さんの診療を受けましょう。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、歯のインプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

せっかく歯のインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント治療方法周囲炎になっているという可能性もあるのです。

自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント技術を行った病院に行くべきでしょう。

全てのインプラント治療方法治療にとって大事なのが自分に合った歯のお医者さんと歯のお医者さん院を探すことです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラントの手法も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯のお医者さん選びに全力を尽くしましょう。

インプラント技術を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯のお医者さんによる結果の差が大きい治療法だと言えます。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す