インプラント治療を希望する代表例

インプラント治療を希望する代表例

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、インプラントの手法を優先して良いでしょう。

大きな効果を得られる歯のインプラントの手法ですが、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。

それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

ごく普通の歯のお医者さん院で、外来診療を受けての普通の歯のインプラントの手法の中でも、院内感染の可能性は否定できません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯のお医者さん院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

そうだとすれば、セルフケアと歯のお医者さんのケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて人工の歯を固定するという手術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

歯のインプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、歯のインプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

今は、このような病歴があるからといって歯のインプラント技術ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯のお医者さんと歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

歯科治療の一環として、歯のインプラント技術も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという歯のインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント治療方法治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開けたところを見ればどちらかというと歯のインプラントが優っていると考えられます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨に歯のインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再び歯のインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯のお医者さんであるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。

歯のインプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントの手法の結果を左右するのです。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

人工物である歯のインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。

インプラント技術は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。

最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

インプラントの手法をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント技術は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

典型的な歯のインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

仮歯を取って、人工の歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラントの手法です。

歯のインプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えれば歯のインプラント治療も終わります。

それからも歯のお医者さんによるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯のお医者さんに診てもらうことになります。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも人工の歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。

日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。

喫煙によって、歯のインプラント技術が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。

歯のインプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

皆さんが歯のインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯のお医者さん院によって幅があるのが普通です。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。

歯のインプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯のお医者さんでないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。

インプラント治療方法について、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、歯のインプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

ただし、歯のインプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す