インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは費用の問題

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは費用の問題

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。

安易に歯のインプラントの手法を始めることはおすすめしません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため歯のインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。

一本の歯のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯のお医者さんの評判によっても治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯のお医者さんを探すことも十分あり得ます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのが歯のインプラントです。

しかし、気に留めておくべきポイントがあります。

まず挙げられるのは、インプラントの手法を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまで歯のインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースの歯のインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。

さて、そこで歯のインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着して固定するというものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラントの手法ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント技術開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯のお医者さんが連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

残念ながら、インプラントの手法は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。

障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントの手法がすすめられるでしょう。

歯のインプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯のお医者さんの診断を受けることに努めましょう。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。

歯のインプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

せっかく行った歯のインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。

一般的には歯のインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯のお医者さんとよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント治療方法埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯のお医者さんに相談するのが不安や誤解がないでしょう。

人工歯としての歯のインプラントは噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

歯のインプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・歯のインプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯の根元部分と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

インプラントの手法による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。

インプラント治療方法の手法が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの人工の歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

インプラントのプロセスも、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラントの手法を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジで人工の歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

歯のインプラントの手法では、歯の根元部分から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラントは人工歯根に人工の歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、人工の歯を作る歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラントの手法は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す