インプラント治療方法の特長

インプラント治療方法の特長

インプラント治療方法の特長として、噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工の歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

インプラント技術を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、歯のインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があることも念頭に置きましょう。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、歯のインプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯のお医者さんを選ぶようにしましょう。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法である歯のインプラント。

ですが、留意すべき点もあるのです。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながら歯のインプラントは利用できないとの判断になる可能性は高いといえます。

注意してください。

どんなケースであっても、歯のインプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯のお医者さん院をどのように選ぶかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント技術にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

利点も多い歯のインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

さらに、インプラント治療方法にした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、歯のインプラントが最適でした。

近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

歯のインプラントの手法にかかる費用を合計すると歯のインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラントの手法がしっくりくると思います。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

歯のインプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのが歯のインプラントの特長ということになります。

インプラントの手法が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物の歯のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

せっかく行った歯のインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。

しかし、インプラント治療方法を入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。

普通、インプラント技術の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる便利な歯のお医者さん院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前に歯のインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。

こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療方法治療ができないわけではないため歯のお医者さんとよく話し合うことを心がけましょう。

インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラント治療方法がなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

様々な条件から、普通の歯のインプラント治療は困難とされ、限られた歯のお医者さんでないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。

それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。

歯のインプラント技術を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯のお医者さんに出会えるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯のお医者さんであるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。

とにかく入念に、歯のお医者さん選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。

典型的なインプラント技術は、大きな3つの関門があります。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラントの手法全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯のお医者さん師の技術にも左右されると言われています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。

歯のインプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

上部構造(人工の歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは担当歯科医の技量の低さに起因することが多いといえます。

歯のインプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

検査から治療後のメンテナンスまで、歯のインプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、歯のインプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

どんな問題が歯のインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

歯のインプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯のインプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント治療方法治療を行った病院に行くべきでしょう。

近年、インプラント治療方法の治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、歯のインプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

現状では、歯のインプラント技術は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す