インプラント治療方法治療を検討している方

インプラント治療方法治療を検討している方

インプラント治療方法治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。

この治療は、歯のお医者さんの技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

長く根気のいるインプラントの手法。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、歯のインプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

歯のインプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

インプラントの手法には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。

義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。

インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

歯のインプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのは必須です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も歯のインプラント技術のリスクが増大します。

今は、このような病歴があるからといってインプラント技術ができないわけではないため不安がなくなるよう歯のお医者さんに相談してください。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。

院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯のお医者さん院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラントの手法のやり直しも必要になります。

自費診療なので、インプラント技術にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

歯科医院決定に大事なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に人工の歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラント治療方法に習熟していないことのせいといえるでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。

歯のインプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

それに対して、歯のインプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

歯科治療の一環として、歯のインプラント技術も失敗をゼロにすることはできません。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、歯のインプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯のお医者さんの技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

治療では歯のインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラントの手法が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラント治療方法と骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再び歯のインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

インプラント治療方法の埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。

それは何より、インプラントの手法を受けることができないケースもあるということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

歯のインプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯のお医者さん院で歯のインプラント技術の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

歯科治療のインプラント治療方法とブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント技術では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

見た目の問題を考えると歯のインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

例外はありますが、インプラントの手法は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

他の生活習慣と比べても、喫煙が歯のインプラントの手法に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療方法治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

インプラント技術のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラントの手法はほとんど全部が自費です。

なぜ適用されないかというと、インプラントの手法をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

埋入手術後の経過が良く、人工の歯の使用に問題がなければインプラントの手法は終了です。

けれども指示された間隔で歯のお医者さんによるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

どこの歯科医院でも、歯のインプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

歯のインプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯の根元部分が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、人工の歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント技術を選ぶこともできます。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯のお医者さん院を調べ、 相談してください。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す