インプラント埋入手術では局所麻酔を使います

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院する必要はまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラント技術を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラントの手法であったとしても院内感染の心配はあるものです。

このため、歯のお医者さん院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

希望すれば誰でも、歯のインプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

ただし、インプラント技術は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

歯のインプラントの手法で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

歯のインプラントの手法はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

人工の歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。

こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント治療方法埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

他の歯科治療同様、インプラント治療方法の手法で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。

虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

様々な歯のインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯のお医者さんの診療を受けましょう。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

ほとんどのインプラントの手法は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、受けたい治療を受けることができるケースが増えました。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないということにはなりません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常の有無に関わらず、歯のお医者さん院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

どんな方にもインプラント技術が良い訳ではありません。

他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療方法治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

「歯のインプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

これは歯のインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。

現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、歯のお医者さんの指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。

成功すれば満足感が大きいインプラント技術ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。

また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。

ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

インプラントの手法が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント技術が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。

歯のインプラント技術を順調に終えようとするなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

歯のインプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラントの手法は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが良いと言えます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

インプラントの手法はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯のお医者さんとよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。

インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

現実には、治療費といっても歯のお医者さん院ごとにずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、人工の歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法である歯のインプラントを用いた治療になります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す