インプラント埋入手術の後気をつけること

インプラント埋入手術の後気をつけること

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。

日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと人工の歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯のお医者さんが治療すれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。

皆さんが歯のインプラント技術に取りかかる前、治療費が気になるのは当然です。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

インプラント技術を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。

どんな完璧な歯のインプラント技術でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、歯のインプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラント治療方法でも、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。

どんなケースであっても、歯のインプラント技術を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

歯科治療の一環として、インプラント技術も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯のお医者さんの治療テクニックにも掛かっています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけ歯のインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える融通の利く歯のお医者さん院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできる状況になっています。

歯のインプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

歯のインプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で考えると、人工の歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これに対し歯のインプラントの手法は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯を削って人工の歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。

気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのが歯のインプラントの強みです。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

歯のインプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、歯のインプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。

せっかくインプラント技術を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが歯のお医者さん院ではよくきかれます。

そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

ごくまれに、インプラント技術が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。

近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになれば歯のインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。

この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくことも考えるべきです。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯のお医者さんがいるのです。

一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。

一口にインプラント技術といっても、3つの段階に分けられます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と人工の歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから人工の歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

少数の歯の欠損に対する治療としては、歯のインプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント技術とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

皆さんが気にしている歯のインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラント治療方法では安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す