インプラント治療を始めようと決めても治療費の高さは重要な問題

インプラント治療を始めようと決めても治療費の高さは重要な問題

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

実は、かかる費用は歯科医院ごとに大きく異なります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯のお医者さん院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント技術は治療全体を通して、相当な出費になります。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。

人工歯の中でも、インプラントの手法はほとんど保険が適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

無くなった歯を歯のインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも一部で見られます。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント治療方法周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

大きな効果を得られるインプラント治療方法治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいる歯のインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。

どんな完璧なインプラント技術でも、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

どんな堅牢な歯のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。

最近メジャーになってきたインプラント治療方法ですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい人工の歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラントの手法の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

人工の歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント技術の現状です。

費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。

クレジットカード利用ができる歯のお医者さん院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。

インプラントの手法はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

インプラント治療方法治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といっても歯のインプラントです。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から人工の歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、歯のインプラントの方が優っていると考えられます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。

まず挙げられるのは、歯のインプラント技術を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

歯のインプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯のインプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントの手法を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

近年市民権を得てきた歯のインプラント。

人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。

これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの人工の歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラントの手法ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

これからインプラント治療方法の手法を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラントの手法にあたってきた経験を積んできた歯のお医者さんにかかることが望ましいのです。

また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨に歯のインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

インプラントの手法によって人工の歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

人工の歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

他の生活習慣と比べても、喫煙が歯のインプラントの手法に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

歯のインプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、歯のインプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。

インプラント技術を順調に終えようとするなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。

気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術を置いて語れません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。

皆さんが気にしている歯のインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

今のところ、インプラントの歯の根元部分はチタン製が主流です。

骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント技術の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す