歯のインプラントとクラウンの違いは何?

歯のインプラントとクラウンの違いは何?

「歯のインプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯の根元部分が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。

根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラントの手法を選ぶこともできます。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。

クレジットカード利用ができる歯のお医者さん院や、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることができるケースが増えました。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

インプラント治療方法埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯のお医者さんの裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、歯のお医者さん選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、毎日欠かさず行うようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラント治療方法を支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯のお医者さんと歯科医院を決めるかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯のお医者さんにかかることが望ましいのです。

それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯のお医者さんを選ぶために必要な情報です。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、歯のインプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

現在、インプラント治療方法の人工歯根はチタンが多くなっています。

金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

歯のインプラントの手法の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。

皆さんが歯のインプラントの手法をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。

もし、インプラントの手法前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。

もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。

不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラントの手法を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくの歯のインプラントもすぐに劣化してしまいます。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント治療方法ですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯のお医者さんに確認しておくと不安や誤解がないでしょう。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

ですから、歯のお医者さん院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。

歯のインプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。

歯のお医者さんの技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

歯のインプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯のお医者さんを選ぶようにしましょう。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

人工歯根とその上の人工の歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。

インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。

インプラント技術が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で人工の歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。

インプラントの手法を始める前に治療費が気になるのは当然です。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

保険適用外がほとんどである歯のインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてください。

歯のインプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

混同されることの多い歯のインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に人工の歯を接続して固定するという技術です。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

歯のインプラントの手法の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント技術の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、歯のインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優っていると考えられます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

長い期間と費用をかけた歯のインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラント治療方法の場合、ほぼ全て保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

あごの骨に穴を開けて歯のインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

ですから、インプラントの手法全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す