インプラント技術の大きなメリット

インプラント技術の大きなメリット

これはインプラント技術の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこれは人工の歯だと自分から言わない限り、人工の歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯のお医者さんと話し合って共通理解しておくと良いでしょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント治療方法埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。

麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。

インプラント治療方法治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯のお医者さんに出会えるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント技術の結果を左右するのです。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠状の人工の歯としてクラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラントの手法を検討することになります。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないと考えてはいけません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯のお医者さんや衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

初めて歯のインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに人工の歯を被せるという手順で施術が行われます。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

ご存じの通り、歯のインプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

しかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。

確定申告を行うときには、歯のお医者さんで発行した領収書は医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

せっかく完了した歯のインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。

人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。

インプラント技術を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジで人工の歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対し歯のインプラントの手法は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯を削って人工の歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、歯のインプラント治療を優先して良いでしょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、歯のインプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に人工の歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。

最近よく耳にする歯のインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

普通、インプラント技術の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯のお医者さん院が多く、けっこう融通が利きます。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、歯のインプラント技術に取りかかることは実現できるようになりました。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラントの手法ができるあごの骨を確保することが必要条件です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も歯のインプラントの手法のリスクが増大します。

ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。

まずは歯科医に全て話しておきましょう。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯のお医者さんでないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

インプラントの手法に保険が適用されることはまずありません。

全額自費と考えてください。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラント治療方法の定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に人工の歯がグラつくというケースも稀に報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯のお医者さんがインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。

なるべくなら、歯のインプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント技術でも、院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、歯のインプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント技術と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯のお医者さんや歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。

そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、歯のインプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

これから歯のインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯のお医者さん院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯のお医者さんに診てもらいましょう。

それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す