歯のインプラントの手法を行ったのに息のニオイが気になる

歯のインプラントの手法を行ったのに息のニオイが気になる

せっかく歯のインプラントの手法を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、歯のインプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

しかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。

医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

近年、歯のインプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に人工の歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

1年近くもかけてインプラント治療方法を定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯のお医者さんによる定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

もし、歯のインプラントの手法前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療方法治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラントの手法のリスクが増大します。

ただし、これらの既往症があってもインプラント技術ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠状の人工の歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、歯の根元部分の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

人工歯根と上部構造(人工の歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

歯のインプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されている歯のインプラント。

その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

歯のインプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。

また、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法である歯のインプラント。

ですが、難点もあるということに気を付けてください。

まず挙げられるのは、歯のインプラント技術を受けるには条件があるということです。

インプラントの手法をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。

注意してください。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯のお医者さんに治療してもらうように努めてください。

それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。

どんな方にも歯のインプラント治療が良い訳ではありません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント技術になるという患者さんに適用されるのが普通です。

歯のインプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

数々の歯のインプラント技術の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

歯のインプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

手術が成功し、人工の歯が使えるようになって歯のインプラントの手法が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

言うまでもなく、歯のインプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。

その上で、定期的に歯のお医者さん院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

治療を断念する方もいるくらい、歯のインプラント治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、歯のインプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント治療方法。

その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、歯のインプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

インプラント技術が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラント治療では、歯の根元部分から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯を削って人工の歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラントの手法を考えた方が良いですね。

歯科治療は全て同じですが、歯のインプラント技術は治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント技術はほとんど全部が自費です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療方法を入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯のお医者さんや歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、歯のインプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

これはインプラント技術の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、人工の歯だとわかることはたぶんないでしょう。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるので自分から、人工の歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのが歯のインプラント技術ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯のお医者さんに確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラント治療方法を定着させるので何らかの理由で歯のインプラントと骨がなじまず、歯のインプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、インプラント治療方法の埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

インプラント技術によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

他の歯科治療同様、歯のインプラントの手法で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントの手法の結果を左右するのです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す