入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント

入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラントの手法です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

人工の歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

代表的な歯のインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント技術を考えた方が良いですね。

皆さんが気にしている歯のインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

歯のインプラント技術には、歯のお医者さん、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術が物を言うといわれています。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント技術はほとんど全部が自費です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント技術を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。

歯のインプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという歯のインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

どんな歯のインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯のインプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント技術の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。

人工の歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨に歯のインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

他の歯科治療同様、インプラントの手法で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

歯のインプラントの手法を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する歯のインプラント治療を適用する可能性があります。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラント治療方法は2ピースタイプです。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

どんな完璧なインプラント技術でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。

歯のインプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

皆さんがインプラントの手法をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。

新たな歯のお医者さん療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯のお医者さんの技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのが歯のインプラントの手法ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工の歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯のお医者さん院を決めた方が絶対に良いです。

忘れないで欲しいのはその歯のお医者さん院で治療を受けた方の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。

そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント技術を行った病院に行くべきでしょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラント治療方法をした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯のお医者さんに連絡することが治療を成功させるために必要です。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

近年、歯のインプラントの治療件数が増えてきました。

これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯根と、その上の人工の歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラントの手法には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。

新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。

ですが、制約もあるので覚えておきましょう。

最も重要な注意点は、インプラント治療方法の手法は誰でも受けられるわけではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。

注意してください。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのが歯のインプラントの強みです。

虫歯の危険性は、歯のインプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。

残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す