完璧なインプラント技術でも終われば後の手入れは必要ない?

完璧なインプラント技術でも終われば後の手入れは必要ない?

どんな完璧なインプラント技術でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、歯のインプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラント治療方法にもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療方法治療に決めました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

インプラント治療方法治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯のお医者さんはよく考えて決めてください。

大きな効果を得られるインプラントの手法ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。

それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療方法治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。

医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

1ヵ所のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯のお医者さんの評判によっても費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯のお医者さん院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラント治療方法を入れた方の評価を参考にしましょう。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

普通、インプラント技術の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。

クレジットカード利用ができる歯のお医者さん院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯のお医者さん院が多くなりました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。

インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯のお医者さんの指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント治療方法周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

この治療のメインとなる歯のインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

そして、歯のインプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。

歯のインプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。

インプラントの手法は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療成功の絶対条件となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

インプラント技術のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。

インプラント治療方法が世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯のお医者さんが担当していることの影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってください。

インプラント治療方法治療による危険性を広く調べたと思いますが、問題の一つに、歯のインプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラント治療方法の場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

せっかくインプラントの手法を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯のお医者さん院ではよくきかれます。

人工の歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯のインプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、歯のインプラント技術を行った病院に行くべきでしょう。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

外科手術を受けたわけですから、歯のインプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。

普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日頃から運動をしている方は、歯のお医者さんの意見を聞き、再開時期を話し合うと安心できます。

忘れてはいけないこととして、インプラントの手法を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。

今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。

歯のお医者さんとよく話し合うことを心がけましょう。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント技術とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、インプラント治療方法とブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯のインプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

歯のインプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この治療法には、歯のお医者さんは勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

様々な条件から、普通の歯のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、人工の歯だとわかることはたぶんないでしょう。

一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに大きく異なります。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す