どんな歯のインプラントも永久に虫歯から免れます

どんな歯のインプラントも永久に虫歯から免れます

どんな歯のインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント技術そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

人工の歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

ご存じの通り、歯のインプラント技術は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

多くの方にとって、歯のインプラント技術を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、人工の歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

歯のインプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が物を言うといわれています。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

典型的な歯のインプラント技術は、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、歯のインプラント技術を始めてから人工の歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

最も重要な注意点は、インプラントの手法は誰でも受けられるわけではないことです。

インプラントの手法は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそも歯のインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。

もし、インプラントの手法前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治す問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

高額な治療費を気にされる方もいますが、歯のインプラントの手法はほとんど全部が自費です。

保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて歯のお医者さんや歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラント治療方法を埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

歯のインプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

どうにかして、歯のインプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

インプラントの手法で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

歯のインプラント治療の終了は人工の歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費を覚悟しましょう。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯のお医者さんに確認しておくと一番良いでしょう。

初めて歯のインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのが歯のインプラントの強みです。

近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

どんな治療でもそうですが、インプラント技術で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

手に入る限りのデータを集めて、歯のお医者さんを決めることがインプラント治療方法を快適に使えるかを決めるのです。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

現状では、歯のインプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。

歯のインプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラントの手法が候補となります。

よくいわれる歯のインプラントのメリットですが、治療終了後、人工の歯だと気づく人は本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、自分から、人工の歯だと他の人に明かさないでいればこれは人工の歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。

治療ではインプラント治療方法埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、歯のインプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

費用や手間の面から考えても、インプラント技術は様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントの手法を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがインプラント技術です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す