インプラントの手法の最大のリスク

インプラントの手法の最大のリスク

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラントの手法の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨に歯のインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯のお医者さんの腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。

歯のインプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。

とにかく入念に、歯のお医者さん選びをすることが治療の成否を決めるのです。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント技術でも、院内感染の可能性は否定できません。

その点を踏まえ、歯のお医者さん院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。

もし、インプラント技術前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。

歯のお医者さんとのコミュニケーションが何より大事です。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、歯のインプラント治療を受けることができないケースもあることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

喫煙が、インプラントの手法の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラントの手法が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も例外なく阻害する働きをします。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

歯のインプラントは人工歯根に人工の歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

歯のインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯のお医者さんの評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。

今のところ、歯のインプラントの歯の根元部分はチタン製が主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント技術が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯のお医者さんと連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

歯のインプラント技術では人工物を骨に埋入しますが、歯のインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費を覚悟しましょう。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。

インプラント技術はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

仮歯を取って、人工の歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラント治療方法にもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント技術に決めました。

自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えれば歯のインプラントだと言われました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・歯のインプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

手術では他の歯に触れていなくても、歯のインプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。

しかし、歯のインプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯のお医者さんの診療を受けましょう。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。

どんな堅牢な歯のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

これから歯のインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院や歯のお医者さんによって相当な開きがあります。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、歯のインプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

現状では、インプラントの手法ができる歯のお医者さん院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント技術は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。

よくいわれる歯のインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることもほとんどありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。

他の歯科治療と同じように、歯のインプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(人工の歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯のお医者さんにかかりましょう。

歯科治療の中で、歯のインプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラントの手法を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯のお医者さんを探すということも考えていきましょう。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラントの手法は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す