どんな方にも歯のインプラント技術が良い訳ではありません

どんな方にも歯のインプラント技術が良い訳ではありません

どんな方にも歯のインプラント技術が良い訳ではありません。

様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント技術になる患者さんが多いでしょう。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。

人工の歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。

混同されることの多い歯のインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

歯のインプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。

何かと言うと、歯のインプラントの手法を受けられる人は限られていることです。

インプラント治療方法は、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯のインプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。

人工歯の中でも、インプラントの手法はほとんど保険が適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

あごの骨に穴を開けて歯のインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

もし、歯のインプラント技術前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのは必須です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。

もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療方法の手法ができないわけではないためまずは歯のお医者さんに全て話しておきましょう。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、歯のインプラントの手法に取りかかることは十分可能になりました。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

簡単に歯のインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯の根元部分が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら歯のお医者さんの判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。

歯科医にインプラントの手法をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラントの手法は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、歯のインプラントの手法を優先して良いでしょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

インプラントの手法から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった歯のインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラント治療方法が正解だったと思います。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、歯のインプラント周囲炎かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。

歯のお医者さんで歯のインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて人工の歯を固定するという手術です。

旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

歯のインプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

歯のお医者さんによっては、この患者には歯のインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラント治療方法を埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。

インプラントについて、ほとんどの歯のお医者さんには治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くことも考えるべきです。

北欧諸国は歯のインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

歯のインプラントの手法で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。

この治療は、歯のお医者さんの技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

歯のインプラントの手法は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとどちらかというと歯のインプラントが高い評価を得るでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。

インプラント技術も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

インプラントが固定され、人工の歯が不自由なく使えればインプラント治療方法の手法も終わります。

それからも定期的に歯のお医者さんに診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯のお医者さんに診てもらうことになります。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す